乗っていた飛行船が墜落し、極寒の中に迷い込んでしまったふ○ぎ星の☆ふ○ご姫のファ○ンとレ○ン。そんな中、一件の家を見つけ助かったと思ったふたりだったが、そこにいたのは自分たちのファンと名乗る男性だった。蝋燭、ムチ。屈辱の苦痛責めを受けるふ○ご姫。なぜこんなことをするの?それは僕がふ○ご姫のファンだから。憧れだから、壊したいんですよ。いったぁああい!すさまじく刺さるダーツの矢に、泣き叫ぶふ○ご姫!