ストッキング 画像 ストッキング 漫画 ストッキング動画 ガーターストッキング ストッキング つま先 ストッキング 色 ストッキング 靴下 ストッキング おすすめ 黒ストッキング 弾性ストッキング 宮崎徹はインターネットで新型ダッチワイフ商品の無料モニタリングに当選した。しかし、この商品は徹自身がダッチワイフとなってしまうものだった。---------------------------------------------------セクシー・ドールプロローグ週末、一週間の仕事に疲れ果てた宮崎徹は重い足取りで都心から少し離れた、ワンルームのマンションに辿り着いた。社会人になって3年の徹は1年前に独身寮から出てここに引っ越したのである。当時は同期入社の牧瀬真理と恋人関係にあり、なんどか彼女が食事を作りに来てくれたこともあった。しかし、半年前に別れてからはマンションを訪れる人もなく寂しい日々が続いていた。徹は部屋に入るとパソコンの電源を入れ、部屋着にしているスエットスーツに着替え、買ってきたコンビニの弁当をひろげた。帰るとすぐに、お弁当を食べながらTVを見て、パソコンのメールチェックをするのが徹の習慣となっていたのだ。徹が届いたメール(殆どがメーリング広告であるが)に目を通していると、訪問者を告げる部屋のチャイムが鳴った。「うん?」ここ数ヶ月、マンションを訪れる人は皆無であったのである。(チャイムは壊れてなかった)…などと考えながら徹はパソコンの前から離れた。「は~い」「宮崎さんのお宅ですね」「はい」「白豚便です。ここに印鑑かサインをお願いします」宅配便であった。徹は差出人がわからないまま示された場所にサインをして、小包を受け取ったのである。「サイエンス…協会…?」徹は、やっとの事で差出人を思い出した。数日前にインターネットでモニター募集をしていた会社であった。モニターと言うのは「セクシードール」のモニタリングである。簡単に言うと新タイプのダッチワイフを試し、その感想をメールで送るというものであった。もちろん無料である。5回のお試し感想を送れば無料で商品は自分のものとなるとの事だったので徹は面白半分に応募したのであった。急いで食べかけのコンビニ弁当をお腹の中に詰め込むと、胸をワクワクさせながら、小包を開けた。説明書を見ると綺麗な女の子が表紙を飾っていた。次のページにはプロフィールまで書いてあるではないか。「マリ…」徹は別れた牧瀬真理を思い出した。「身長158cm、体重49kg、バスト88cm、ウェスト59cm、ヒップ90cm…」「誕生日1980年7月23日、B型…」次のページには使用法などが記載されていたが、徹は読むのを後回しにしてビニールで包装されていた商品を取り出したのである。「なんだぁ?これは……」ヘビの抜け殻のようなものが3つとカツラが入っていたのである。カツラだけは本当の女性の髪のように見えたが、肝心の身体は薄い膜のようで、とても女性をイメージできるものではなかった。手に取ってみたが、中に空気を入れるようにもなっていない。とても薄いのでひっぱたらすぐに切れそうなのだ。少しがっかりした徹であったが、気を取り直して再び説明書に目をやった。「あれ?これは自分で着用するのか…」よく見るとヘビの抜け殻は下半身と上半身と頭の3つに分かれているのである。下半身の部分は、女性のパンティーストッキングのようにも思えた。ちょっと違うところと言えば、足の先が指を入れるようになっていることと、男性のペニスのようなものがついているところだろうか。「まっ、いいか。どうせ無料だから」徹は説明書に書かれている通りに全裸となってヘビの抜け殻に自分の身体を入れたのである。あまりにも薄いので切れてしまうのではないかと、少し心配であったが、どのような材質で出来ているのか思ったより丈夫に作られていた。「これじゃ…宇宙人じゃないか。。。。」それでも、徹はカツラを頭に乗せて説明書に再び目を戻した。「確か、ぬるま湯のシャワーを浴びるんだな…3分間か」指示された通りにバスルームで、徹は頭からシャワーを浴びたのである。カツラの髪が水分を含んで顔に張り付いた。もっとも覆面のようなものをがぶっていたので感覚は伝わってこなかったが、張り付いた髪を振り払うと、顔にもシャワーを浴びせかけたのである。三分間はとても長く感じたが、徹は全身、念入りにシャワーを浴びていたのである。説明書では、これでオルガニズムを感じられると書いてあったが、そんな兆候は現れなかったのである。「あれ?」水分を含んだ、ヘビの抜け殻は徹の身体にペッタリとへばり付いていたのだがいつのまにか足の先の抜け殻は溶けてなくなってしまっているのだった。よく見るとすべてが溶けはじめていた。「おいおい…なんだよこれ…」しかし、溶けたのは抜け殻だけでは無かった。「あ~」徹の拗ね毛がすっかりなくなっているのである。「なんだよ、、これ」拗ね毛を捜して手を添えたが、すでに脚はツルツルな状態になっていた。気が付くと陰毛も脇毛も殆ど無くなっているではないか。根元に茂みのないペニスが徹には異様にも見えた。「やられた~」徹は急いでバスルームを出るとバスタオルで全身の水分を拭き取ろうとしたのである。はじめに、びしょびしょのカツラを取ろうとした。「あれ?」取れないのである。無理に引っ張ると顔の皮もそれにつれて引っ張られている。鏡に顔を近づけカツラの境を探した。しかし、判別ができないのだ。徹は指で一生懸命に境を探した。まるでセロテープの端を探しているようだった。「どうなってんだよ~」すでに床は長い髪から落ちる雫でビショビショになっている。仕方なく、徹はバスタオルで髪の水分を吸い取ることにした。全身の水分もぬぐい、床を拭くと、再びカツラを取る試みをした。「駄目だ!」徹は部屋に戻り説明書を読み直した。しかし、薄ッペラな説明書には何も書かれていないのである。「電話番号は……」会社の電話番号があるはずと考えた徹は裏を見た。「あった!…ここか、、あうっ」全身を包み込む圧迫感に襲われたのである。とりわけ下腹部、、睾丸の圧迫感が激しかった。ペニスを手で退け、状況を確認すると、大事なものを入れた袋がみるみる小さくなっていた。中にある大事な玉は押し上げられるように体内へと移動しているのである。数十秒後には袋の跡形も無くなってしまった。体内に格納された玉の感覚も消え失せてしまったのである。「僕の玉が……消えた」徹は愕然として、考える気力さえなくなってしまった。しかし、変化はそれだけでは無かったのだ。今度は退けていた男性自信が手の中で小さくなっているのだ。「あぁあああ…」終いには握ることも出来ないくらい小さくなってしまったのである。陰毛があったらすでにその中に隠れて見えなくなっているだろう大きさである。10分もするとツルツルの下腹部からは、ついに突起がなくなってしまった。手で弄ったが、そこには何もないのである。目の錯覚ではない。それどころか、徹は裏返ったペニスが体内に向かって大きくなっている気がしたのである。その証拠に、ツルツルだった陰部が内に向かってメリ込みだした。そう、女性のあそこのようにそれは割れ目として形を変えているのだった。そしてしばらくすると、めり込んでいく感覚さえなくなり、それが当然のようになってしまっていた。しかし、全身への圧迫感は続いていた。場所によって強弱はあったが、とりわけウエストはベルトで絞められているようである。全身が軋むように痛くなった。風邪を引いて熱を出した時のような気だるさと骨の痛みが続くのである。寒気すら感じ出した徹は全裸であることに気づき、下着とスエットを着ることにした。時計を見ると午後10時を回ったところだ。いつもならインターネットで遊んでいる時間であるが、今日の徹はそれどころでは無かった。軋む身体をやっとの思いでベットまで運び、その中に徹は潜り込んだのだった。「これは…夢だよ。。」