あなたには懐かしい場所はありますか?どんなに苦しかった日々も、どんなにつらい思い出も、時が経てばそれは楽しかった思い出と同じように自分にとって大切な過去になるのではないでしょうか。この作品は、一人の男性が、8年ぶりに大学時代に住んでいた街を訪れる話です。彼は大学時代に友人も恋人もおらず孤独でした。彼は心に常に不安と葛藤を抱えていました。きっとつらい思い出も多かったはずです。それでも、久しぶりに訪れた街は、とても清々しいものでした。孤独だった大学時代も彼にとっては晴れやかな思い出になったのです。つらい日常に疲れている方、癒しを求めている方に是非お勧めです。ポエム風に書きました。短編小説です。1500字程度です。画像付きです。画像は10枚です。