引っ込み思案で、虐められてきたトラウマによって対人恐怖症になった俊。そんな彼にいつも寄り添い守ってきたのは幼馴染の麻莉愛であった。いつしか麻莉愛に思いを寄せるようになっていた俊。だがそんな気持ちですらも素直に打ち明ける事ができない。そんな寄り添いながらもどこか繋がりきれない二人。そこに付け入る隙を嗅ぎつけた男がやってくる。