「もっと提督の役に立ちたい!」と思う天○、龍○に聞くと女を使うしかないと言われてしまう。夜中、おそるおそる提督の私室のドアを叩く天○。一途な天○と実直な提督の濃厚エッチ本です。