ピンクローター エロ漫画無料 ローター 無料エロ漫画 リモコンローター 漫画 ブレーキローター えろまんが ローター 使い方 エロ漫画 ローター ローター 漫画 「誰も来ない洋菓子店を盛り上げるため、下半身を鍛えたり自分自身をケーキやトイレにしちゃうウェイトレス(女の子店長)さんの物語☆」時給十円という、おもいっきり労働基準法に引っかかる張り紙を見つけた俺は、好奇心でそのお店を訪れる。中にいるのは予想に反してかわいいウェイトレス(女の子店長)だった。誰も一緒に働いてくれないためずっとひとりぼっちだった店長はこんな俺でも大歓迎をしてくれ、まずは働くことになったのだが、お客様がひとりも来ないことに驚く。泣いてしまう女の子店長。なんでもここ最近、このお店には誰一人訪れるものはいず、いつつぶれてもおかしくない状態だという。それなら自分は邪魔ではないかと思ったのだが、なんと俺がいないと困るとのこと。実は女の子店長には秘策があり、それはひとりではできないので力を貸して欲しいと。なんとその秘策とは、自分自身の女の子の穴からお菓子の材料を注入し、後ろの穴に刺激を与えてかきまぜることによって生み出される、究極のエキスを使ったお菓子作り!そのため、トレイに乗っているパフェを落とさないぐらいに下半身を鍛えるためにローターでの責めに耐えたり、お菓子の気持ちを理解するため自分自身をケーキにして女の子の穴を味わってもらったり、お店はトイレを見ればわかるといわれているから自分自身をトイレにして男のものをおしゃぶりして出してもらったりするのであった。お菓子作りが大好きな純粋な処女の女の子店長の物語ですっ☆