カテゴリ: 爆田鶏書肆

    女 辱め 辱め 漫画 辱め 動画 女性 辱め 辱め画像 辱め 意味 辱め 体験 辱めとは ポルナレフ 妹 辱め 辱め 小説 RはリターンズのRで以前、本当に愛している恋人を拉致して、恋人なのにどうしてこんなにひどい事をするのか理解できない相手を、理解できない事までも楽しみながら、自分の思うが儘に責め苛んで、辱め抜いて、そして絶望と屈辱に塗れながら処刑された挙句に料理して食べられてしまうというべたといえばべた、サディストの王道と言えばその通りの作品を書いて、これが失敗作でしたのでそのままでは癪なので、最初からもう一度作り直してみました。ベタなものはやっぱりベタですが、今度は失敗作ではないと自認しています。
    【【輪姦】恋人を料理するR【爆田鶏書肆】】の続きを読む

    制服美少女漫画 二次元 美少女漫画 イケメン美少女漫画 ムチムチ 美少女漫画 美少女漫画 画像 美少女漫画 無料 スクール水着美少女漫画 二次美少女漫画 機械美少女漫画 黒髪美少女漫画 正式には「美麗上の親友の少女探偵が他の友人たちをも巻き込んで結局大惨事編」なのですが、面倒なので「大惨事変」としました。まあ話はこの通りなのですが、前の美令嬢編について市長や警察署長や親分が寄ってたかって隠蔽しようとしても納得できないものがいるのは当然と言うもので、それで色々調査していた前作の生贄となった少女の親友が今回の生贄ですが、当然の事ながら美少女ですから、しかも色々聞きださなければならないから、前作に劣らぬ悲惨な事になります。さらには親友がたった一人だけと言う事はなくて、その仲間までも巻き込んでしまっていよいよ悲惨な事となってしまいますが、そんな事をやったものだからいささか長くなってしまいました。
    【【拷問】鵺鬼たちの饗宴 大惨事編【爆田鶏書肆】】の続きを読む

    水着アイドル漫画 グラビアアイドル漫画 巨にゅう アイドル漫画 アイドル漫画無料 さて久々のアイドルものですが、やはり今までと同じでは面白くありませんから、対立するプロダクションの社長とその一味が、自分たちのアイドルを売り出すのに邪魔になるもちろん清純派で、その実態も清純派であるアイドルを、煙たく思っているライバルアイドルやマネージャーまでも巻き込んで拉致して、当然思うが侭に責め苛んで辱めて、そしてその挙句が無茶苦茶にしてしまおうと言う、例の如きお話です。
    【【監禁】アイドル嬲殺【爆田鶏書肆】】の続きを読む

    女 辱め 辱め 漫画 辱め 動画 女性 辱め 辱め画像 辱め 意味 辱め 体験 辱めとは ポルナレフ 妹 辱め 辱め 小説 さてまず断っておきますが、『鵺』は怪物か妖怪みたいなものですが、鵺鬼なんてものは存在しません。ともあれ日本のどこかに『鵺城』という街があって、これが市長から警察署長、市民病院長、図書館長まで尽く鬼畜と言うとんでもない街でして、この街切っての老舗の呉服屋の鬼畜な番頭が鬼畜な悪徳会社の社長と結託し、鬼畜な市長から警察署長以下の街の幹部まで巻き込んで主の呉服屋りお家乗っ取りを企んで、主とその妻を殺して一人娘の美少女を誘拐し監禁し、思うがままに辱めて嬲り者にして嬲り殺そうという、ある意味、正統的と言えば正統的、無茶と言えば無茶なお話です。
    【【浣腸】鵺鬼たちの饗宴 老舗呉服屋の美令嬢編【爆田鶏書肆】】の続きを読む

    女子大生 海 エロ漫画 女子 海 漫画 カップル 海 漫画 逆ナン 海 漫画 無料 海 エロ漫画 海 エロ動画 フリー エロ 海 漫画 マッサージ 海 動画 海 同人誌 二次元 海 さて前作「伯爵美令嬢姉妹魔窟に囚わる」を書いてしまうとこれだけでこの設定をお払い箱にするのが勿体なくなり、昭和初期、魔都と飛ばれた上海の魔窟におけるお話をもう一編書いてみました。ただし今度は日本人の女優たちによるロケ隊一行ですので、当然生贄は一人や二人と言う事はなくて、もちろんメインはいかにもお嬢様の美少女女優なのですが、他にも何人も囚われていてこれがやたらと殺されてしまいますから、しかも各々執拗に嬲り殺されますから、あたかも小パノラマ館の様相を呈する作品です。なお中国語で「的」は「の」位な意味で使われますので念のため。
    【【輪姦】上海的パノラマ館の惨夢【爆田鶏書肆】】の続きを読む

    さて実録シリーズも今度は中国、中国となると中国史上最大の殺人鬼、張献忠を取り上げない訳にはいきません。明末混乱期に出現した風雲児のなりそこないと言うべきこの人物は、中国の四川省をほぼ全滅させ、省都である成都など四十万の人口中生き残ったのはニ十戸というほどの途方もない大殺戮を行い、その大虐殺後に成都に立てたという碑を『七殺碑』といいまして、その文面がこの小説の題名です。もっとも小説の内容は四川の虐殺ではなく、それよりうんと前の明王朝の滅亡時にその王女を嬲り殺してしまうという、そして何しろ中国だから食べちまおうという内容ですが。
    【【縛り・緊縛】天生万物以養人 人無一物以報天 殺殺殺殺殺殺殺【爆田鶏書肆】】の続きを読む

    タマ姉漫画 弟と姉漫画 h姉漫画 友達の姉漫画 二次元 姉漫画 姉漫画 m 義理姉漫画 弟姉漫画 メイド姉漫画 義理の姉漫画 このお話は昭和初期、魔都と飛ばれた上海の魔窟におけるお話です。執事とメイドが示し合わせて、謀殺した主人である伯爵夫妻を謀殺したその令嬢姉妹を騙して上海に呼び寄せて、魔窟において姉妹揃って徹底的に苛み抜き辱め抜いた挙句、執事が姉令嬢と結婚する事で伯爵家の家名と財産を手に入れようと言うお話でして、もちろん財産も家名も手に入れて用済みになれば、令嬢姉妹には思い切り鬼畜にいなくなっていただきます。
    【【残虐表現】伯爵美令嬢姉妹魔窟に囚わる【爆田鶏書肆】】の続きを読む

    制服美少女漫画 二次元 美少女漫画 イケメン美少女漫画 ムチムチ 美少女漫画 美少女漫画 画像 美少女漫画 無料 スクール水着美少女漫画 二次美少女漫画 機械美少女漫画 黒髪美少女漫画 さて南ヨーロッパのどこかの独裁国に交換留学生としてやってきた日本人の美少女のクラスメートにたまたま独裁者の永世大統領の息子がいて惚れてしまって、これが当然のようにサディストだったもので、これがやっぱりサディストの父親や家族、その部下というより腰巾着の警察長官までも巻き込んでこの美少女に冤罪見え見えの罪の容疑で逮捕して拷問して無理矢理罪を認めさせて、認めさせたらさせたでまた辱めて苛んで、哀れな美少女は見も知らない異国の地で絶望と屈辱にのたうちながら嬲り殺しにされて料理されてしまおうという結構悲惨なお話です。
    【【縛り・緊縛】ベズマニア美少女拷虐譚【爆田鶏書肆】】の続きを読む

    恋愛学園漫画 学園漫画 無料 h学園漫画 学園漫画 ランキング 監獄学園漫画 学園漫画 おすすめ ポケスペ 学園漫画 聖マルガレタ学園漫画 スマブラ学園漫画 学園漫画試し読み 実録シリーズは一休みして、久々と言うかこちらでは初めての学園ものです。内容としては何か訳の分からないものに取り憑かれてしまった学園の全生徒や教師たちまで加わって、生徒会長をしている何一つとして申し分ない美少女をよって集っていたぶり苛み、辱め、最後にはカラスの餌にしてしまう、犠牲者が一人だけの分、それだけ徹底的な小説ですあと冒頭、私の小説の犠牲者についてのこだわりについてのしょうもない一文付きです。
    【【縛り・緊縛】取り憑かれた学園または或生徒会長の惨劇【爆田鶏書肆】】の続きを読む

    エロ拷問漫画 性拷問漫画 快楽拷問漫画 鬼畜拷問漫画 拘束拷問漫画 『爆田鶏書肆』初のアンソロジーであり、まずは「磔」にこだわって文章を集めてみました。もちろんほとんどが処刑と言う事になり、シンプルなものから色々組み合わせたもの、執拗なもの、姉妹、大量殺戮、正統的なもの、パロディ的なものと取り揃えましたが、それだけでは面白くないので、拷問やら晒し者、何だかよくわからないものととりどり混じえています。それから既読のものばかりでは意味がありませんから、比較的売れ行きの良くなかったものから多く選んでいます。とは言え書く段階で売れ行きなど分かる訳ないので、手間は売れたもの同様に掛けていますし、なぜ売れなかったかさっぱりわからないものばかり(逆に言えば比較的売れたものもなぜ売れたかさっぱりわからないのですが)ですし、これがきっかけで多少でも売れればと言う下種な下心も、なくはありません。【掲載作】一、なぜ私は磔に惹かれるか二、嬲り殺された魔女【真の愚者は自身が鬼畜とさえ気が付かない】三、断末魔の裏切り【悪魔養成学園】四、磔もやらねば【こうなったらなんぼでも殺したる鴨小説】五、さらに股間も手足も【クラスメートはおおむね鬼畜】六、承前切支丹村の虐殺【狂乱大名島原の乱松倉家兇惨譚】七、妖虫var3壱、魑魅魍魎弐、処刑八、広場の悪夢【スプラッター王国の王位継承は血まみれ】九、和津【爛婆堕党惨業聞取りの事I桃屋敷後家澤の話】十、聖女昇天と天の怒り【聖女昇天と天の御怒り】十一、公開処刑された家庭教師【マズカラン・タカカロア王国物語短編集】一二、里美の処刑【美少女たちの惨夢】当サイトでは未販売十三、公開処刑された令嬢姉妹【磔にされた公爵令嬢姉妹詳】十四、地獄の沼【I大学スナッフフィルム研究会の邪悪な活動】十五、櫨島異聞昭和編壱九、処刑の開始弐拾、二日目の処刑弐拾壱、最後の夜弐拾弐、いよいよ最後十六、トコロンテ民族解放戦線4、15十七、山ン本五郎佐衛門の出現【美少女地獄巡々巡り】
    【【残虐表現】磔一覧【爆田鶏書肆】】の続きを読む
    表示SAMPLE(リンクを登録してください)

    このページのトップヘ