キーワード:拘束拷問漫画を含む記事 同人ラブリ拘束拷問漫画 を含む記事の90ページ目の検索結果
    「エロ拷問漫画 性拷問漫画 快楽拷問漫画 鬼畜拷問漫画 拘束拷問漫画 ナバル村の馬小屋でエルファビスと呼ばれる邪悪なエルフから拷問、○辱を受け続けた元近衛長のナオ彼女は馬小屋での脱糞出産アクメで失神寸前…そこへ元同僚のエルフ、リエルが駆けつけるもミスを犯し...」に関する記事が一覧で表示されています。

    エロ拷問漫画 性拷問漫画 快楽拷問漫画 鬼畜拷問漫画 拘束拷問漫画 ナバル村の馬小屋でエルファビスと呼ばれる邪悪なエルフから拷問、○辱を受け続けた元近衛長のナオ彼女は馬小屋での脱糞出産アクメで失神寸前…そこへ元同僚のエルフ、リエルが駆けつけるもミスを犯し捕らわれ部下と共にアナルファックでフタナリペニスを振るわせながら蹂躙されるのだった…そして場面は王城へ…今度は○い少年魔法兵団がエルファビスと裏切った大臣達の毒牙に犯される…苦悶の表情で汚物をブチ撒ける少年達はエルファビスの魔の手から逃れることが出来るのか?今回はいつもの、ふたなり、出産等の変態プレイに加えショタ脱糞が見所となっておりますふたなり、スカトロ、出産そしてショタ、男の娘に興味がある方は是非ご覧くださいませ!
    【【けもの・獣化】アビズマルブレイブ2【コミック】】の続きを読む

    エロ拷問漫画 性拷問漫画 快楽拷問漫画 鬼畜拷問漫画 拘束拷問漫画 ≪強制女装×連続15発以上射精≫女装子の姿で監禁された「七緒」くん。汁蒐集されてもフル勃起する生意気オチンチンを執拗な快楽拷問され連続絶頂してメス墜ちする女装子を綴った漫画(30P)■女三人組「搾精魔」に拉致監禁され強制女装させられ女装子が性体実験で連続射精昇天!!搾精魔により拉致監禁され女装させられた「高原七緒」(当時20歳)への凌辱は終わってはいなかった…。オムツ姿で視界・聴覚を遮断されて口を塞がれヘッドホンから「自分のイク声」だけを延々と聞かされ続けて監禁されて始まる悪夢の実験2日目。女装子は睡眠もさせられずオムツには何度もお漏らしを続ける監禁放置プレイ。陰毛を薬剤で解かされツルツルテンにされた股間を女三人組「搾精魔」に責められる女装子。包茎ペニスも皮を剥かれる女装子。陰茎を色んな手段で扱かれ続けて射精しても「まだ白濁が残ってる」と精液を搾られる女装子。搾精する彼女たちの目的とは?精液から完全に白濁が消えても終わらぬ実験。精液の回復実験をされる女装子。軽く触るだけでイク体に変貌させられる女装子。次第に陰茎を弄らず触らなくても射精してしまうカラダにさせられた女装子に待ち構えるクライマックス。トコロテン射精の為だけにペニバンでバックから犯される女装子。泣き叫びながら連続射精をする女装子。クライマックスはケツ穴処女と口処女も奪われてしまう女装子。明らかになる衝撃の事実。前立腺液ではなく、精液を透明にさせるほど陰茎を絞り上げ続ける搾精魔の彼女たちの目的とは?そして女装子「七緒」の運命は?■潮・精液射精回数が合計15発以上に及ぶ凶悪卑劣な性体実験!!オムツプレイ、聴覚・視覚遮断監禁、陰毛除去、強制オナニー、陰茎踏み付け、包茎皮剥き、オナホ責め刷毛・竹串などによる陰茎嬲り、亀頭首吊り、自慰規制プレイ、フェラなどによる連続7発強制射精失神失禁、ローション責め、ペニバンによるアナルレイプ、トコロテン射精、口内レイプなど※補足※本作品は連続話タイプで第2話には擬似男根によるレイプがありますがまだ生男根による本番はありません。陰茎責めと精液絞りに特化しております。■「哲夫」シリーズ「昭和iSM」うさぎね工房氏が描く女装子凌辱コミックコミックは「昭和iSM」うさぎね工房氏担当代表担当作:「祇園舞妓誘拐事件-前・後編-」「Dカップ女カメラマン狩り」「ホステス狩り」■収録内容「文字無モノクロ版」「文字有モノクロ版」同時収録!!・「JPG」「PNG」「PDF」形式で多種多様に対応!?・表紙(カラー)1P+本編漫画(モノクロ)29P=各30枚(JPG形式&PNG;形式&PDF;形式)
    【【逆レイプ】欲望回帰第534章-強制女装★美娼年拘束達磨アクメ地獄逝キ_実験02_性体実験された七緒くん-【コミック】】の続きを読む

    エロ拷問漫画 性拷問漫画 快楽拷問漫画 鬼畜拷問漫画 拘束拷問漫画 ■概要・本シリーズの中編P.34から分岐するバッドエンドルートです。・前編~中編の分岐箇所までを「前回までのあらすじ」として収録していますので、本作のみでもお楽しみいただけます。・正規ルートの完結編(後編)は本作の後に制作予定です。■あらすじ偶然右手に発現した霊力攻撃により一度は危機を脱した夏海であったが、廃屋からの脱出口を捜索中に再び拘束されてしまう。四肢を奪われ抵抗する力を失った夏海を待ち受ける運命は───■収録内容○カラーコミック画像サイズ:3840×2160(4K)容量:本編143頁(186コマ)+表紙1頁+前回までのあらすじ2ページ形式:JPEG前作までのコミック/CGノベル形式を融合しました。動きのあるシーンはコミック形式、じっくり責めるシーンはCGノベル形式として徐々に拷問がエスカレートする様子を多数の差分で表現しています。○おまけ(1)テキスト無し版CG集(よりぬきナツミさん)フキダシやモノローグを削除した上で、汁や流血等の有無のバリエーションを加えています。コミックページもコマ毎に切りだして一枚絵として鑑賞できるようにしています。(2)幕間アナザー前編と中編の間をつなぐSS「幕間」のバッドエンド版です。HPで公開しているものと内容は同じです。■主なシチュ・卵巣破壊・子宮貫通・四肢欠損・ニプルファック・クリトリス摘出・ヘソ姦・尿道/アナルファック・緊縛■ご注意前編、中編と比較するとかなりハードな内容になっています。
    【【残虐表現】放課後退魔官ナツミ-廃屋の淫魔-BAD END【コミック】】の続きを読む

    エロ拷問漫画 性拷問漫画 快楽拷問漫画 鬼畜拷問漫画 拘束拷問漫画 ○辱、拷問、調教シリーズ第3弾!偶然町で見かけた可愛い少女。自分の異様な欲望を、彼女にいろいろ試してみたいと思ったことはありませんか?できるんです!(現実でやるのは犯罪です!)少女の、弱みを握り、脅すだけ。あなたの欲望をなんでも受け止めてくれる肉玩具が手に入りました!月島若葉「わ、わたしが代わりにやります…。やらしいのも汚いのも、全部わたしが引き受けるから──もうお姉様には何もしないで…」(本編より)前作(調教済みクラスメイト~その2・雪の巻~)の続きですが、今作だけお読みいただいても楽しめるようになっていると思います。基本CG45枚超!ページ数も前作より大増量です!※本編にグロテスクなシーンを含みます。
    【【浣腸】調教済みクラスメイト~その3・月の巻~【コミック】】の続きを読む

    エロ拷問漫画 性拷問漫画 快楽拷問漫画 鬼畜拷問漫画 拘束拷問漫画 カラー挿絵付オリジナルノベルと挿絵【台詞有り・無し】JPEG版を収録しております。(挿絵の台詞はノベルに支障がない程度に変更しています)小説と挿絵の台詞には性的責めプレイの他、丸呑みおよび消化表現が含まれております。挿絵の一部に血の表現が若干ありますのでご注意下さい。尚、設定は前作の続きとなっておりますが今作のみでもお楽しみ頂けます。☆あらすじ人間と魔族との戦争が続いているミザリレイル国。魔王リアキスの実験召喚によって、悪魔神官ザラババに三名の配下が誕生した。全員が女魔族の「悪魔神官隊」は早速命令を下された。それは潜入してきた魔王討伐に任命された人間達の相手をすること。その人間達の悲鳴は悪魔神官隊の体内へ呑み込まれていくことになる。☆悪魔神官隊「オブグレイ」イラスト制作:まめだぬき様魔王城の地下の拷問部屋(アンダーボックス)に潜むスライムの女王。言葉数少ない彼女は実験召喚された時に授かった能力で人間を丸呑みする。「ロッカーサ」イラスト制作:あちゃ様魔王城の別次元の迷宮(アナザーワールド)に潜むアサシンドアー。冷静な彼女は別次元につながっている扉より姿を現し、実験召喚された時に授かった能力で人間を丸呑みする。「アリアル」イラスト制作:スクリュードライバー内藤様魔王城内を子供の様に自由気ままに移動(ライク・ア・バード)するインプ。相手によって口の利き方を変える彼女は、実験召喚された時に授かった能力で人間を丸呑みする。☆収録内容・ノベル68ページ(PDF)・挿絵【台詞有り・無し】(JPEG)イラスト制作:上記「悪魔神官隊」欄に記載背景(アリアルのみ):サークル「キュキュキュのQ」ノベルおよび挿絵【台詞有り】の台詞等の制作:ラミア・アドバイザーズ
    【【人外娘・モンスター娘】VORE END2 ~悪魔神官隊の戯れ~【コミック】】の続きを読む

    エロ拷問漫画 性拷問漫画 快楽拷問漫画 鬼畜拷問漫画 拘束拷問漫画 「異空間にある教室では、弱いものいじめを行う生徒に怒りの拷問を行うひとりの女教師が存在していた」ここは化け物がうごめく、異空間の教室。こんな不気味な場所に集められた少女たち。少女たちはいずれも弱いものいじめを行っていたものたち。一人の女教師がその前に現れこう話す。弱いものいじめを行ったあなたたちに、これから授業をはじめます。それはひととして一番大切なことを伝える授業です。電気、ロウソク、ハリ付き棍棒、浣腸といった責め具に加え、不気味な化け物までもが、少女たちを襲う!そう、これは自分たちの行った罪を下半身で受け止める、一人の女教師による魂の授業。
    【【残虐表現】拷問女教師 下半身授業【コミック】】の続きを読む
    表示SAMPLE(リンクを登録してください)

    このページのトップヘ